WALKING WORLD,

DRINKING BEERS,

フジロックを愛してやまない元ビアバー店員の世界一周&クラフトビールの記録。

【超簡単】インドでアライバルビザを取ってみた。

【インドの記事一覧はこちら

 

インド入国にはビザが必要。

かつて、インドビザの取得はとっても苦労したものでした。
とにかく記入項目が多く、職業などはもちろん両親の出生地などまで書かせられ、1箇所でも間違えるとアウトとか。そんな煩わしかったインドビザですが、なんと 2016年3月から、

 

日本人のみに有効な 『アライバルビザ(visa-on-arrival)』の運用が開始

 

もう事前にな~んの手続きも準備も申請も要らない、空港に到着してからお金を払えば良いだけのビザになっちゃった。(VISAはじめ、メトロなど本当にインドは「旅がしにくい国」ではなくなったことを実感)

今年運用開始したばっかりということで、航空券の発券時などにもちゃもちゃあったので、ログを残しました。

 

アライバルビザ( visa-on-arrival )の条件

 

   
ビザの種類 30日間
渡航の目的 観光、ビジネス、会議への出席、医療
アライバルビザ取得可能な空港 ニューデリー(DEL), ムンバイ(BOM), チェンナイ(MAA), コルカタ(CCU), バンガロール/ベンガルール(BLR),ハイデラバード/ハイダラバード(HYD)
ビザの料金 2,000ルピー / 同価値の外貨(クレジットカード/現金)
※けどお釣りとか出ないからカードが嬉しいらしい。
その他条件
  1. インド国内に住居無し、また就労もしていない
  2. 有効期限が6か月以上のパスポートが必要
  3. 帰国便のチケットの提示
  4. 両親または祖父母のいずれかが、パキスタンで生まれではない、パキスタンに永住していない
  5. 外交・公用パスポートの所持者以外
  6. 滞在期間の延長、他のビザへの変更不可
(2016年3月時点)

【 参考 】日本人向け到着時ビザプログラム

 

アライバルビザ取得に必要なもの

 

  • インドからの帰国(出国)航空券
  • ビザ代
  • インドの滞在先(ホテルの名称/住所/電話番号)※仮でもok。携帯スクショでok

 

アライバルビザ取得の主な流れ

 

  1. 【出国前】 インド行き航空券とともに、インドからの出国航空券も手配
  2. 【出国空港】 VISAがないことを問いつめられ一悶着するも、アライバルビザの説明をしてめでたく発券
  3. 【インド空港】 アライバルビザ取得 (書類記入 → 申請 → 支払 → 登録)

 

アライバルビザ取得手順 詳細

 

私たちはデリーから入ったので、インディラガンジー空港の例になります。

 

1. 【出国前】インドからの出国航空券を手配

 

アライバルビザの取得条件には、インドから出る航空券の提示が必要です。
旅程が決まっている人は、普通に提示すればいい話なんですが、滞在日程未定の人にとっては「え~それはゆくゆく決めさせてよ」というのが正直なところ。

 

私達も出国日を決めていなかったので、どうしたもんかとググったら「後払い・キャンセル可能」航空券で対応できることが判明(非公式なので、あまり大きな声では言えないのですが)。
デリー空港到着時(アライバルビザ申請時)には、出国航空券が予約された状態で、後日キャンセルという方法をとりました。

 

ちなみに私達が使ったのは、FlyDubaiの後払い航空券(支払いがなければ自動キャンセル)ですが、航空会社はどこでも良いので、支払画面で「Pay later」の選択が出来たり、「キャンセルポリシー(cancellation)」とかでキャンセルFeeがゼロなことを確認したりして、仮予約状態(これでもビザは通りました)にもっていき、ビザ申請を通過することができそうです。

*航路によって異なりますが、Qatar Airways,American Airなどでも「pay later」や「Hold」が可能です。

 

2. 【出国空港】 航空券の発券時(チェックイン)に、ビザがないヨ!と問いつめられる

 

これはチェックインをするときに、職員さんが「アライバルビザ」の存在を認知していれば避けられます。

 

私たちはベトナムからインドへ入国したのですが、Air Asiaでチェックインをしようとしたとき、
インドはビザが必要。あなたたちは持っていないから発券できないよ!無理!」
とはねられました。

「 いやいや、これは今年の3月から開始されて、日本人だけなんですよ(あーだこーだ)。あっ、とりあえずこれを読んでください。」と必死に説明。その時にインド大使館公式のこのサイトを見せたのが有効だったので、同じ目に合われたときのためにご活用ください。

indian-visa

サイトを読んだスタッフさんが、インドのイミグレに電話で確認をとり、無事ビザ無しで出国することが出来ました

(Air Asiaのスタッフさんは「君たちが正しかったのに足止めしてしまって申し訳ない。今日知ることが出来て、同じ失礼を今後日本人にしなくて済みます。そして必ずスタッフ全員に共有します」と何度も何度も丁寧に謝ってくださり、とても良い方で好感を持ちました(:_;))

 

ほんの数ヶ月前から開始された制度かつ、日本人にしか適用されていないということで、いくらエアラインとはいえ海外の空港はおろか、日本の空港でももしかしたら(しばらくは)同じように言われる可能性があるかもです。

 

3. 【インド空港】 アライバルビザ取得 (書類記入 → 申請 → 支払 → 登録)

 

無事チェックインを終え搭乗手続き。 インドに着陸です。

 

newdelhi

 

飛行機を降りたら、とにかくVISA-ON-ARRIVAL」の方向へ突き進みます。
もし迷っても、「VISA-ON-ARRIVAL」と言い続けてれば着くと思います。

 

visaonarrival1エスカレーターを下って、イミグレが見えてきても

visaonarrival2

イミグレを横目にスルーして、とにかくまっすぐ進んで「visa-on-arrival」です。

visaonarrival3

これでゴールです!

visaonarrival5

入ってすぐにこの看板があります。さすがインド。職員がいません。

結局15分くらい待たされました。

visaonarrival6

近くの記入台に申請用紙があるので、記入したら申請カウンターへ持って行きます。
(わからないところは空けておいて、カウンターで聞けばokです。)

書き方参照:「いい旅インド – インドのアライバルビザ申請書の書き方を紹介!

visaonarrival6

申請カウンター(書類チェック) → 支払いカウンター(クレカ/現金) → 領収書持ってまた申請カウンター(指紋・顔写真登録)と行き来し、アライバルビザ発行手続き完了です。

ちなみに私たちは、この時『入国スタンプ』を押してもらったので、イミグレの行列に並ぶことなく、バゲージクレームに行っていいよと言われました。

とは言っても、その頃には同じ便に乗っていた人たちは、とうの昔に空港の外です。笑

 

まとめ

 

■ メリット

・楽は楽だった!

■ デメリット

・日本で取得するより少し高い。

・滞在できる日数が短い。

・発券する段階でトラブルになりかねない。

・インド人なので職員がいなかったり、仕事が遅かったり、苦手な人はイライラするかも。

 

取ること自体は超簡単です。 

ただメリットが楽だという点のみです。しかもインド人に翻弄されたり、チェックインカウンターで揉める可能性があるので、人によっては疲れるかもしれません。笑

私たちは2回目なので1ヶ月で大丈夫でしたが、

インドをしっかり周りたい方や、安心して旅をしたい方は事前に取っておいた方が無難です

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

Similar Posts:

LINEで送る
はてなブックマーク - 【超簡単】インドでアライバルビザを取ってみた。
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です