WALKING WORLD,

DRINKING BEERS,

フジロックを愛してやまない元ビアバー店員の世界一周&クラフトビールの記録。

【長期旅行者 必見】インドでSIMフリースマホを買ってみた

【インドの記事一覧はこちら

 

雨季のインドに突撃した私たちはめでたくWi-Fi難民に。

毎度毎度、宿のレビューを見て「ここならWi-Fiが使える……」と喜び勇んで宿泊するも
途端にみんなWi-Fiの調子が悪くなる怪奇現象に見舞われ、ほとんど使えないハプニング発生。笑。

唯一の情報源であるネットを絶たれ、このストレスに耐えかねた私たちは
SIMフリースマホを買う!ことを決断。せっかくなので購入検討→海外SIM利用までを記録しました。

 

海外でネットを使う方法

 

方法は色々ありますが当然、通信量や旅行期間、予算などによって選択が変わってくると思います。過去の旅行も含めこれまで私たちは(5)だけで旅してきましたが、難あって(4)と(5)の合わせ技にシフトしました。

 

(1) 日本の携帯&キャリアをそのまま使う

ちょっと利用したことないので詳細は不明ですが、日本の各キャリアが提供している国際ローミングサービスを使う選択肢。使う頻度が少ない、予算に余裕がある、短期とか向けですかね?

■ メリット:使っているキャリアをそのまま使うので、設定手続き・支払い諸々楽ちんそう。
■ デメリット:やっぱりガッツリ使いたい&長期で使いたいとなると割高ですかね。

(参考:docomo , softbank , au) 

 

(2) 海外用のWi-Fiをレンタルしていく

購入しなくても海外用のWi-Fiレンタルできるサービスを使う場合。
使ったこと無いし料金を検討したこともないのでメリットデメリット共に不明ですが、プランとか特長が色々あるのでニーズにマッチするものがあればありなのかなとは思います。逆に選択肢が色々ありすぎて製品・プラン比較が大変(面倒)そうな気も。

 

(3) 日本の携帯をSIMフリー化(SIMロック解除)していく

日本で販売される携帯のSIMロック解除の義務化が始まって約1年が経ち、該当端末であればSIMのフリー化(グローバルSIMや現地のSIMを自分の携帯に入れて使える)が可能に。でも条件が色々とあるので各キャリアで下調べが必要です。

■ メリット:(条件さえクリアしていれば)使い慣れた携帯を使える。しかもオンライン手続きなら手数料無料などメリット目白押し。
■ デメリット:適応条件が色々あるのでキャリアで細かい点まで相談が必要。

(参考:docomo , softbank , au) 

 

(4) SIMフリー携帯を新しく購入

残念ながら(3)の条件に適応せず、SIMフリー携帯を持ちたい場合はもう端末から買うしかないです。

■ メリット:SIMフリー携帯を持てる(ただそれだけ)
■ デメリット:端末購入コスト発生。持ち運ぶデバイスが一つ増える。

 

(5) 提供されている(フリー/有料)Wi-Fiを利用する

ホテルやレストラン、駅、空港など、提供されているWi-Fiを利用する。

■ メリット:事前になんの手続きもいらないしただ接続するだけなので楽ちん。無料で使えるところがほとんどなのでコストもかからない。
■ デメリット:不正なネットワークに接続してしまっても自己責任。利用するのに個人情報を入力したり、電話番号が必要なネットワークもある。フリーWi-Fiだけで生きていると「Wi-Fiがない、使えない」などなったらネット難民化が確定する。

※特にインドでは公共のフリーWi-Fiはたくさん飛んでいるものの、電話番号を使ったワンタイムパスワードを受信する形式(OTP)がほとんど。電話番号を利用停止してきてしまった私たちはこのWi-Fiが使えず、あちこちのインド人に電話番号を一瞬お借りして、接続させてもらうはめに。

 

SIMフリー携帯をどこで買うか

 

私たちはSIMロックされたままの携帯(そもそもロック解除できない端末)を持ってきていたので、新たにSIMフリー携帯を買おうということになりました。

SIMフリー携帯は日本でも海外でもどちらでも簡単に入手でき、店頭・Webなど購入経路も様々。予算や求める品質によって購入場所が変わると思います。

 

私たちは、「マーケットなどの露店」「路面店の中古携帯屋さん」「ちゃんとした電気屋さん」の選択肢で悩みましたが、長く使うものだし変なもの掴まされても嫌だから、ここは値段より質を優先させて大きなショッピングモールの中の「携帯屋さん」で購入しました。

 

IMG_8255_Fotor

端末選びで重視したポイント

 

SIMフリー携帯を買う~!といってもメーカー・機種などここでも選択肢が山積み
購入するにあたり以下の点を重視して選びました。

IMG_8273_Fotor

■ 予算

わたしたちは1万円くらいで設定。

■ 日本語で使えるか (Language設定)

エラーメッセージや細かい設定の時、英語でうーんとなって余分なストレスを感じたくない。SAMSUNGを第一候補として考えていたのに、最近の機種には日本語が無いらしく熟考した結果候補から外した…。

■ 日本語キーボードがあるか

だいたいある

■ テザリング機能があるか

だいたいある

■ 日本で修理できそうか

インディアンブランドもいいかなぁと思ったけれど、日本に持って帰って修理とかが必要になった時やっぱりグローバルブランドの方が良いよねとなって、選択肢から排除することに。

■ ブランド

これはお好みもありますね。

■ 実際操作してみてストレスを感じそうにないか

結構これも大事かなと思いました。触って数秒?で「うーんなんか使いづらい…」と思ったらやめました。

■ 容量は充分か

 

IMG_8276_Fotor

 

色々あーだこーだ悩んだ結果、LG-K7に決定!!
お値段は、9,500IND(≒14,250円)で購入しました。(スリランカ来たらもう少し安かった)

 

IMG_8284_Fotor

 

おまけで、セルカ棒をくれた……。
セルフィすらしたことない私たちだから要らない…と思ったんだけど、ふとしてから自分たちでは一生買わないであろうアイテムとの出逢いであることに一瞬はしゃぐ。(が、今はもうバックパックの奥底に葬られています)

IMG_8300_Fotor

SIMカードの購入

 

端末は準備したので、あとはそこに挿入するSIMカードを買います。

(1)世界各国で使えるグローバルSIMカード(インターナショナルSIM)を買う

(2)各国で現地のSIMカード買う

が主な選択肢です。

グローバルSIMは各国でいちいちSIMを購入しなくても良いので楽なのがメリットですが、私たちは取り急ぎSIMカードが欲しかったこと、コストや回線速度のことなど考え一旦現地でSIMカードを買う方を選びました。

早速スリランカの空港で、SIMを買ってみました。
空港のアライバルロビーに、こういうキャリアさんがいくつかお店を出しています。

IMG_8391_Fotor

 

それぞれのキャリアの繋がりやすさや特長を調べたり、プランを比較したりして「airtel」さんに決定。

スリランカの滞在日数は10日ほどを予定していたので、一番小さい【1.8GB】400LKR(≒285円)のプランにしました。

IMG_8379_Fotor

プランを選ぶと、お兄さんがSIMをセットし、アクティベーション(有効化)してくれます。
(インドの後ということもあり、スピーディーなお兄さんのお仕事ぶりに感激)

IMG_8388_Fotor

テザリングの設定や、スリランカでの電話番号をもらい、問題なく動くか動作確認。

IMG_9276

すべて確認し終わってから支払いに進んでくれました。

IMG_8383_Fotor

これで晴れてどこでもネットを使える自由の身に。(ホテルの空室確認やツアー予約などに、電話が使えるのも地味に便利でした

 

実際に使ってみて

 

実際に10日間使ってみた結果、2人で使って848MGしか使いませんでした。(スリランカはWi-Fi環境が充実していたので必要な場面が少なく、主に移動中などに使いました)

airtelさんの電波も、山道以外はどこでも入り問題なく使うことができました。

ただ、携帯自体の動作速度(ページの読み込み速度など)が遅く、ほとんどテザリングを利用してWi-Fiルーターのような役割で使いました。

 

IMG_9278

SIMは安いし、何よりさっと調べられる便利さに勝るものはなく、十二分に価値を感じることができたお買い物でした。

以上、SIMフリースマホを買ってみた・使ってみたレポートでした。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村 酒ブログ 海外ビール・地ビールへ

Similar Posts:

LINEで送る
はてなブックマーク - 【長期旅行者 必見】インドでSIMフリースマホを買ってみた
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です